ももはら靴工房

手作り革靴教室 ももはら靴工房

千葉県松戸駅近くの手作り革靴教室&革小物ワークショップの工房です。

靴教室はじめ その2

2017/01/14

日曜日クラスも賑やかにスタートです。

真っ赤なう内羽根を作っているHさん、飾り穴から見える革の色を黒にするためテープを作ってます。アッパーの完成が待ち遠しいですね。

IMGP0014

穴の下の革の色を変えると飾り穴がぐっとクリアになります。もう、すでにかっこいいです。

IMGP0003 (3)

羽根の処理中

 

ブラウンの外羽根を作成中のIさんは一足お先にアッパーの縫い作業にはいりました。
今回は裏革の色を赤にしています。控えめなブラウンに燃えるような赤の裏側。
靴作りの情熱が伝わる一足となりそうです。

IMGP0012

癖のあるミシンですが、皆さん手慣れてきました。

IMGP0015

つま先の革と羽根の部分、それぞれ仕上がりました。次回は2つを縫い合わせて行きます。

 

Nさんはものすごい勢いで、アッパーを仕上げていきました。
鳩目が入るとぐっと靴らしくなりました。
とても上品な靴になりそうです。

IMGP0003

羽根のセッティング中。真剣です。

IMGP0008 (1)

ひも穴を開け、鳩目を取り付けていきます。 バランスを見ながら穴を開けていきます。

 

セパレートパンプスを作っているMさん
ワニの使い方、革のたたみ方を確認し、初のつりこみに挑戦です。

IMGP0005 (5)

ワニの使い方もいい感じです。

IMGP0010 (3)

うまくつり込めました。左右のセッティングもバッチリです。

 

Oさん、ベージュの革でベビーシューズを作っています。
贈り物に最適ですね!

IMGP0004 (6)

サンプルを見ながら、組み立て中です。

IMGP0008 (5)

手縫いの美しさは、抜群です。ずーーーっと眺めていられます。